古民家×美術館×カフェ

誇りをそこにあるがまま、次代へつなぐ

明治3年築、敷地800坪

ふるさとの誇りを次の世代へつなぐために

吉城の郷は、かつての吉城郡古川町(現飛騨市古川町)の名士の邸宅だった古民家と敷地を再生・活用した複合施設です。

総面積800坪の広大な敷地には、明治3年築の母屋の他に、離れ・3棟の土蔵・旧診療所など複数の建屋があり、中庭にはこの家専用の水路として上流から引かれた小川が流れています。

吉城の郷では、文化財級の古民家である母屋を資料館として一般公開し、3棟ある土蔵のうち2棟を美術館・喫茶スペースに改修、訪れた方にゆっくりと過ごして頂ける環境を整えました。

高山から好アクセス Accessible

車でも、バスでも、鉄道でも

吉城の郷は、高山市と飛騨市との市境に位置しており、高山の中心街から20分圏内。道も国道41号線にほど近く、立地のややこしい飛騨において、観光施設の中ではとても分かりやすい場所にあります。

敷地内の駐車場には最大16台が駐車できるスペースがあり、観光バスの乗り入れ *1も可能です。

  • *1 ツアーに組み込む場合は事前連絡が必要です。